やはり餅は餅屋です!

2013年3月31日

クリーニングした部屋のドアがスムーズに閉まりません。

 

 

お客様からポストボックスの塗装と一緒に「直りませんか?」とのご依頼。

 

ゴルフ仲間の元サッシ職人のKさんに相談すると(外出中で道具を持っていないので)

 

見るだけでも寄ってくれるとのこと。

 

 

入り口の重そうな扉・・・。どうすれば良いのかわかりません。

 

ありがたいことです。

 

 

着いて、早速診断 ドアにゆがみがあるとのこと

 

 

原因は、ドアの蝶板側下をもので抑えたりして開けたままにしたこと

 

風などの影響で蝶板が変形し(ドアの)開閉がスムーズに行かなくなります。

 

 

ドアの下にゴムのストッパーが割れたものが置いてありました。

 

ドアと枠との間に入れてストッパー代わりにしていたようです。

 

 

Kさん その場にあった割れたストッパーを使ってゆがみを修正?

 

1分ほどで「これでどうでしょう」

 

 

なんとスムーズに閉まりました。

 

 

さすがプロの技です。

 

 

注意:  ドアを開けたままにする場合、ドアの空く側にストッパーをすること!

 

 

今日もプールはお休みです。

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る