年金支給年齢を68歳から70歳を検討開始

2011年10月11日

平均寿命が伸び再雇用の機会が増えたというのが検討の理由ですが、

 

ニュースを聞き 冗談かと思いました。

 

 

厚生省が厚生年金施設の建設など多額の無駄遣いで、国民が積み立てた資金を

 

使ってしまったということでしょう。

 

 

先日三重県の長島温泉で泊まったホテルが元厚生年金施設とのことでした。

 

 

今は民間企業が経営をしておりグランドゴルフのコースも完備、立派な温泉施設もあります。

 

平日ということもあるかとは思いますが宿泊者は10組ほどで空いていました。

 

 

安く払下げたものでなければ経営が成り立たないのではと思います。

 

 

そのような施設が全国にありました。処分されている施設が多いと思います。

 

経営が成り立っているものは殆どないのが現状ではないでしょうか。

 

 

手持ちのお金が無くなったら支給年齢を引き上げれば良いというのは余りに

 

単純で情けない考えですね。正に他人事です。

 

 

「自分は困らない」人達が「仕方ない」と真面目に?検討している。

 

思わず(呆れて)笑ってしまいました。

 

 

ただでさえ未納者が増えているのに これでは悪循環に拍車がかかるだけでしょう。

 

 

定年後に働けば(雇用され)年金額が減り税金も払う。

 

 

生活保護を受ける人が年金受給者より多く支給される矛盾。

 

 

パートも年金を収めるとなれば経営者の負担も増える。

 

 

雇用は増えますか?

 

 

失業率は下がるのでしょうか?

 

 

働く意欲は湧くのでしょうか?

 

 

喜んで税金や年金を収める人は増えるのでしょうか?

 

 

生活保護を受ける人が自立できるのでしょうか?

 

 

将来に希望を持てるような検討をして欲しいものです。

 

 

水泳 35分  2000m

 

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る