決死の作業

2011年3月17日

原発の使用済み核燃料プールへの注水の作業

 

 

警察の機動隊の放水車での注水

 

 

自衛隊のヘリコプターからの注水

 

 

が始まりました。

 

 

どちらも被爆の可能性がある決死の作業です。

 

 

国家的な危機を救済すべく自らの命を賭けての作業です。

 

 

効果については不明で、依然 不安が消える状況ではありません。

 

 

ラジオで「私の会社の社員がポンプを動かす動力設定の作業をしている」

 

 

とコメントがありました。

 

 

決死の注水作業で6000t のプールへ4t/回の放水の繰り返しは

 

 

焼け石に水とも思えますが、ポンプ稼動のための作業時間を

 

 

少しでも稼ぐことができるなら有効です。

 

 

携わる人の連携でのみ成り立つ結果です。

 

 

多くの命を助けるべくして決起した勇者達!

 

 

私達はあなた方に日本の未来を賭けます。

 

 

頑張ってください!

 

 

 

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る