沖縄興南高校優勝

2010年8月21日

高校野球決勝で興南高校が優勝しました、春夏連覇です。

 

 

東海大相模の最終バッターをストレートで三振、優勝が決まった瞬間

 

選手が島袋投手に駆け寄り右手の人差し指を立てトップに立った喜びを表していました。

 

チームの全員がどのチームにも負けない、勝利への強い気持ちがあったことを感じました。

 

 

準決勝で0-5から6-5と逆転勝利、個人の力だけでなくチーム力の強さですね。

 

ホームへの回りこんでのベースタッチ、2回ありましたが、十分に練習されてると感心しました。

 

 

監督が「春夏連覇と自分たちのするべきことは分けて考えよう」と選手に言っていたそうです。

 

やるべきことを確実にやろうと、連覇は結果との再確認をしたのでしょう。

 

 

優勝インタビューで主将が「応援してくれた沖縄の皆さんのおかげです」と感謝の気持ちを表していました。

 

支えてくれた多くの周りの方が見えていて、それが頑張る力になり終わって「ありがとう」と言える

 

素直な気持ち大事ですね、言える人(大人も含めて)そう多くはないでしょう。

 

 

参加された高校球児、甲子園を目指し丸刈りで汗と泥にまみれ練習に明け暮れた日々だと思います。野球を通して養われた強い力と感謝の素直な心は、各自の成長を促し周囲の人にプラスの波紋を与えられる存在になれるものと信じます。

 

 

参加した全国からの代表のみなさん、感動をありがとう。

 

 

明日はいよいよ「8時間耐久水泳」です。

 

高校球児に負けないおじさんパワー全快で頑張ります。

 

 

水泳  30分  1500m

 

 

ホームページはこちらから

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る