町の復興

2011年3月24日

北茨城「温泉民宿かね久」も震災に遭いました。

 

 

港に近い集落では津波で亡くなる方もでました。

 

 

兄の住まいの屋根が崩れましたが、民宿の建物は無事。

 

 

お皿や・どんぶりなど食器類は悲惨な状態です。

 

 

まだ断水状態で、片付け作業ができなくて困ってるようですが

 

 

「こんなことで困っているとは言えないよ、町や市がなくなっている所もあるんだから・・・。」

 

 

(地域の)みんなで協力しあって より強い絆を感じてるとのこと。

 

 

頑張ろうという気が感じられるようになってきました。

 

 

壊滅的な被害を受けた岩手県の漁業協同組合では

 

 

5年で復興させると復興に動き回っているリーダーもいます。

 

 

徐々に復興へのリーダーが出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る