秋の風に促され8kmジョグ

2012年9月24日

涼しい!秋の風です。

 

 

身体は重く感じましたが8kmのジョギング。

 

 

気温が低く、汗をかいても体温が維持できてるのでしょうね。

 

ゆっくりと6分30秒/周ですが楽に走れました。

 

 

先日の5分40秒ペースでの3周・5kmジョギングでも疲れが残りません。

 

中3日の走りということもあるでしょうが、

 

 

毎日・朝晩の腹筋・ストレッチ・フルスクワット25~50回の習慣化が

 

基礎を造っているようです。

 

 

可能性を感じ もうちょっと無理をしてみたい気になります。

 

 

これが大事なのかな?

 

他人にしても自分にしても諦めが早いような気がします。

 

 

「自分のこだわり・頑張り・全力でバトンタッチする」そんなテンションを維持したい。

 

 

国外の違法な暴力に負ける・身近ないじめに負ける。

 

これらは諦めの成せる技で、自身・家族・周囲の環境の諦めの結果です。

 

 

反省を繰り返すだけでなく これは譲れないとの一線を誰もが主張できれば

 

ぶつかることで発展はあっても 挫折や自殺はない!

 

 

少しの背伸び・頑張り・加負荷です。

 

 

頑張れは「うつ病」に禁物と言われますが、自分自身と周囲の人の本心では

 

「頑張りたい・頑張ってもらいたい!」です。

 

 

路を実感できる考え方を確立できれば頑張れます。

 

 

うつや自殺願望から脱却できます。

 

 

かけ離れた話に思えるかも知れませんが、走れない状況から辿った

 

この2年の積み木(日と時)。

 

何とか無理なく走れるようになりました。

 

疲れも残りません。

 

 

走る前・泳ぐ前のストレッチや準備運動。、走ってからのストレッチなど

 

前後の処置は不可欠です。

 

 

メンテナンスです。

 

 

エンジン始動で全力疾走では持ちません。

 

エンジン全開でいきなり停止でも持ちません。

 

 

当たり前の話です。

 

 

当たり前の話、最近 理解し習慣化してきました。

 

おかげで調子が良いんです。

 

 

ジョギング 8kmは秋の風のせいだけではないんです。

 

 

icon16 8km 水泳  35分  2000m

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る