被災者の電話

2011年3月14日

「家族はみんな生きている!奇跡だ」

 

 

身元のわからない海岸の多くの遺体は逃げる間もなく

 

 

大津波が起こったことを物語っています。

 

 

開放された衛星電話での親戚へ無事を知らせる会話でしょうか?

 

 

失われてゆく町を目の当たりにした被災者の方には

 

 

「生きていることが奇跡だ!」は正に実感でしょう。

 

 

 

今日は、津波の際にばらばらになった家族を探す人たちが

 

 

家族の名前を書いた紙を持って会う人に「知りませんか」と

 

 

呼びかけていました。

 

 

そんな中、再会できた人もいて その表情は奇跡を見ているようでした。

 

 

 

家族・友人を探す多くの人に

 

多くの奇跡が起きますように!祈願します。

 

 

生存者へ早期の水道・電気の回復をお願いします。

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る