足りない努力に成果なし!

2011年10月7日

努力は裏切らない!とも言い

 

 

「成果は努力に比例する」とも

 

 

成果がでないことも多く 諦めや人への責任追及へと鉾先が向くことも多いですね。

 

 

しかし、殆どの場合努力が成果に届かないケースでしょう。

 

 

諦めれば、モチロン成果には届きません。

 

 

「人の責任(成果の出ないのは)」では自分の足りない点は見えてこない。

 

 

一般的に成果をだす人は先ず諦めない、そして自分で努力が足りないことを認識し

 

「自己課題と目標」を明確にし過程をしっかりと行う。

 

 

足りない自分の努力の方向・質・強度を高めてみることで何かが見えてきます。

 

 

今、58歳で腹筋が割れるかに挑戦していますが、最初400回でしたが

 

今は600回、種目もクロスレッグアップ100回を加えて腹筋下部の強化に

 

力を入れています。

 

 

今までは100回を毎日していましたが特に目立った成果はでていませんでした。

 

足りないんです。600回で成果がでなければ、1000回もやります、楽しみです。

 

 

水泳 35分  2000m

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る