15mの防波堤も軽々と

2011年3月15日

40年をかけて造られたものが・・・・

 

 

防波堤の中で3階建ての役場で直前まで避難の呼びかけをしていた

 

 

町長と多くの職員たち。

 

 

屋上まで逃げ助かったのは、アンテナに登った3人と町長らフェンスに?まり

 

 

頭まで水をかぶりながら手を離さなかった人たちです。

 

 

その勇気と使命感には心を打たれました。

 

 

役場の近くの防波堤を見ると「これなら安心」と思えるものです。

 

 

被災した多くの人の心の中には 3階建てのビルにいて目の前に

 

 

スーパー防波堤であれば大丈夫との思いはなかったでしょうか?

 

 

大自然の驚異には無力とも思われてしまいます。

 

 

しかし、無力ではありません。

 

 

気持ちを強く持ち、力を結集、団結する時です。

 

 

これから多くの時間を要する復興に為に!

 

 

関東大震災や敗戦など先人たちは多くの苦難を乗り越え

 

 

現在を造り出してきました。

 

 

負けてはいけません、心を強く持ち絶対に諦めてはなりません。

 

 

必ずみんなで心から笑える時がくることを信じて!

 

 

水泳  25分   1500m

 

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る