WBC準決勝

2013年3月18日

プエルトリコ戦

 

 

午前の仕事から帰ると既に8回表 3対0で負けていて

 

1アウト満塁のピンチに山口リリーフ、2者三振に打ち取りました。

 

 

8回裏 鳥谷の3塁打、井端のタイムリーで1点、続く内川のヒットでお家芸の大逆転劇の始まり

 

4番阿部に期待がかかります。

 

 

しかし、ここまで好機に阿部は打てないでいました。

 

 

ここでダブルスチールで投手に揺さぶりをかけ逆転へつなげる作戦?

 

台湾戦での鳥谷の盗塁からの逆転への展開でしたが痛恨の連携ミス。

 

 

2アウトで阿部は凡打、9回へ。

 

 

9回表を山口が抑え、最終回の攻撃でしたが

 

残念ながら逆転ならず敗退しました。kao_9

 

 

山本監督 後の記者会見、好機での阿部の凡打についての質問に

 

「阿部は主将としてチームをよくまとめ みんな頑張ってくれた、おかげでここまで来れた。」<span

 

 

[敗軍の将 兵を語らず]

 

 

全員が一丸となり良く頑張ってくれたと思います。

 

イチローもダルビッシュなどヒーローがいないチームでももしかしたらと

 

夢を持たせてくれました。kao_21

 

 

ご苦労様「侍ジャパンの面々」

 

 

水泳  35分   2000m

 

 

お見積り・お問い合わせはこちら
ページトップへ戻る